ITエンジニアbigwoodsのブログ

IT関連や40歳から始めたロードバイクなどについて

2019年3回目のブルベ「BRM330東京200道坂」

2019年3回目のブルベは、ランドヌ東京主催の「BRM330東京200道坂」の200kmです。

今回は、ブルベ初参加になる相方を連れて出場しました。

コース

とどろきアリーナ~道坂トンネル~犬目峠~甲武トンネル~ファミリーマート川崎下作延

 

 

スタートからPC1セブンイレブン相模原津久井青野原店までの区間(52.0km地点)

ほぼ平坦区間
スタート時点の気温は7℃。
9:01到着(貯金35分)。
ほとんど信号峠なので25km/hぐらいのペースでウォームアップという感じ。

PC1から通過チェック セブンイレブン大月初狩店までの区間(102.0km地点)

道坂トンネルと都留から大月を抜ける県道712号線の2つの峠を通る区間
道志みちは、平均勾配3%、20km。
道志みちから道坂トンネルまでは、平均勾配6%、5.2km。
県道712号線は、平均勾配7%、1.5km。
12:47到着(時間制限なし)。
県道712号線の登りで最高気温15℃を記録。
PC1から通過チェックまでの50kmを3時間36分かかってしまい、制限時間に黄色信号が・・・

f:id:bigwoods77h:20190331204022j:plain

通過チェックからPC2セブンイレブンあきる野増戸店までの区間(161.8km地点)

犬目峠と甲武トンネルの2つの峠を通る区間
犬目峠(県道30号線)は、平均勾配8%、3km。
県道30号線から甲武トンネルまでは、平均勾配8%、14km。
16:27到着(貯金21分)。
県道30号線から甲武トンネルまでは、2段に分かれているので8%になっていますが、ほとんど10%になっている貧脚泣かせな峠でした。
残り63.4km(137.8km)の甲武トンネルに到着したのが15:25で残り約4時間!
残りの区間の信号峠などを考えるとかなりギリギリで、ダウンヒルと平坦で頑張りました。

f:id:bigwoods77h:20190331205414j:plain

PC2からゴールまでの区間(201.2km地点)

ほぼ平坦で終盤登り坂ありな区間
18:55到着(貯金35分)。
ゴール直前に雨が降り始めましたが、信号峠を無難にこなして、12時間55分でゴール!
結局、PC1までの貯金を守り切ってのゴールでした。

感想

獲得標高は2,811mと前回のBRM216鴨川200に続いて自己ベストを更新!

ブルベ初参加となる相方も登りが苦手な人なので、自分も自己最高の獲得標高になる今回のブルベに誘ってしまって、これで完走できなかったりブルべ嫌いにならないといいなぁと思っていました。
確かに登りは遅かったですが、それでも脚を着かず登り切れ、時間内に完走できてかなり自信になったようです。

私も相方のペースに合わせることによってオーバーペースにならなかったので良かったです。

ゴール直前から雨が降り始め、びしょ濡れになっての帰宅はBRM112東京200いってこい伊豆網代と全く状況でした(笑)

で。4月はついに300kmに挑戦したいと思います!
AJたまがわ主催の「BRM413西上州300」に参加する予定です。

ダイジェスト動画


2019年BRM330東京200道坂

装備

今回使用した装備のまとめ

バイク

Trek(トレック) Emonda ALR4 (2018年モデル)

足回り

ブレーキシューセット

シマノ R55C3

ホイール

Fulcrum(フルクラム) Racing 3 C17 (2018年モデル)

タイヤ

Continental(コンチネンタル) Grand Prix(グランプリ) 4000S II 25C

チューブ

Continental(コンチネンタル) Race 28 700 x 20-25 42mm

ライト

フロントライト

CATEYEキャットアイ) VOLT800 2灯

テールライト

CATEYEキャットアイ) OMNI5 2灯

ハンドル回り

バーテープ

Fizik(フィジーク) Performance Tacky Wiggle

ハンドルバーマウント

KCNC ブルベマウント
フロントライト取り付け用

アクションカメラ

GoPro(ゴープロ) Hero7 Black
ロードバイクの振動もかなり軽減してれる手振れ補正が素晴らしい!

サイクルコンピュータ

本体

Garmin(ガーミン) Edge 820j
キューシートを印刷しなくてもいいので便利。
ただし、バッテリーの持ちが悪いので途中からモバイルバッテリーから充電しながら走行しないとだめです。

スピード・ケイデンスセンサー

Bontrager(ボントレガー) DuoTrap S

心拍計・パワーメータ

PowerTap(パワータップ) PowerCal
心拍数でパワーを測るというパワーメーターを実戦投入しました。
いずれインプレを書きたいと思っています。

バッグ・ボトル

サドルバッグ

ORTLIEB(オルトリーブ)サドルバッグ Lサイズ Amazon

トップチューブバッグ

Deuter(ドイター) エナジーバッグ AmazonWiggle
モバイルバッテリー Anker PowerCore 10000やエナジージェルを入れました。

ツールボトル

Vittoria(ビットリア) プレミアムジップツールケース AmazonWiggle
ダウンチューブ下に配置。パンク修理キット(チューブなど)。

ボトル

Camelbak(キャメルバック) Podium Ice AmazonWiggle
Camelbak(キャメルバック) Podium Chill AmazonWiggle

ウェア

天気予報から気温0~15℃を想定して選択しました。

ジャージ

La Passione(ラ・パッショネ) PSN THERMAL JERSEY

ベースレイヤー

Craft(クラフト) Active Extreme 2.0
温かく透湿性・速乾性も非常に高いです。

ビブショーツ

RedWhite(レッドホワイト) The Stealth (Fondo) Amazon
他のブランド(AssosやRaphaなどの高級ブランドは着たことがないです)では時間が経つと汗などでへたって来てるなぁと感じるもあるのですが、このビブショーツはブルベなどのロングライド用と謳っているだけあってへたりを感じることがないです。

反射ベスト

IKEA(イケア) BESKYDDA ベスキッダ
安くて(899円)ヨーロッパ基準も満たしているのでGood!

グローブ

SealSkinz(シールスキンズ) All Weather Cycle Gloves

finetrack(ファイントラック) パワーメッシュインナーグローブ
グローブ内で汗をかいても張り付かなくて良いです。

アイウェア

Oakley(オークレイ) Jawbreaker AmazonWiggle

ソックス

dhb(ディーエイチビー) Aeron Winter Weight メリノソックス

レッグカバー

GripGrab(グリップグラブ) AquaRepel レッグウォーマー

ネックチューブ

dhb(ディーエイチビー) メリノネックチューブ

ウィンドブレーカー

Endura(エンデュラ) Pakajak 防水ジャケット

脚の痙攣対策

小林製薬 コムレケア
今回は出番なし。
足がつったときに飲むと収まります。

 

2019年2回目のブルベ「BRM216鴨川200」

1ヶ月経ってしまいましたが、2019年2回目のブルベは、AJたまがわ主催の「BRM216鴨川200」の200kmです。

コース

千葉県船橋市船橋港親水公園~千葉~大福山~鴨川~大多喜~千葉~船橋

 

f:id:bigwoods77h:20190325223038p:plain

AJたまがわなのに船橋スタート!
スタートの船橋港親水公園まで46kmを自走してきたので少し疲れ気味・・・

スタートからPC1ミニストップ市原田尾店までの区間(53.6km地点)

前半は平坦で、後半に3つアップダウンがある区間
スタート時の気温は0℃。
7:00スタート、9:34到着(1:08貯金)。
自走の影響からか後半のアップダウンで失速。

PC1からPC2ファミリーマート鴨川和泉店までの区間(95.4km地点)

大福山と鴨川有料道路を通る区間
12:01到着(1:19貯金)。
大福山は、勾配が下りもある分平均3%ぐらいですが、登りは5~8%がメインで時折12%で、距離は5kmぐらいです。
シークレットPCがありました。
大福山を下るとあまり平坦のところもなく鴨川有料道路の頂上まで3~5%。
結構大変でタイムを失ったかと思いましたが、有料道路の頂上からの長い下り坂で取り返したようです。
PC付近でこの日の最高気温15℃を記録。

PC2からPC3セブンイレブン上総長南店までの区間(155.7km地点)

清澄養老ラインの6km平均5.5%、養老渓谷から大多喜を経てPC3まで5つぐらい最大15%のアップダウンがある区間
16:19到着(1:05貯金)。
清澄養老ラインで足がつってコムレケアを飲み、養老渓谷からPC3までの15%では2回ぐらい足がつって止まってしまい、タイムを失いました。

PC3からゴールまでの区間(202.5km地点)

前半にひとつ坂を越えて、千葉の平坦な区間
19:09到着(1:21貯金)。

感想

獲得標高は2,202mと自己ベストを更新!
目標にしている12時間切りはならず!
50km自走して帰ったのが辛かったです・・・

ダイジェスト動画


2019年BRM216鴨川200

装備

今回使用した装備のまとめ

バイク

Trek(トレック) Emonda ALR4 (2018年モデル)

足回り

ブレーキシューセット

シマノ R55C3

ホイール

Fulcrum(フルクラム) Racing 3 C17 (2018年モデル)

タイヤ

Continental(コンチネンタル) Grand Prix(グランプリ) 4000S II 25C

チューブ

Continental(コンチネンタル) Race 28 700 x 20-25 42mm

ライト

フロントライト

CATEYEキャットアイ) VOLT800 2灯

テールライト

CATEYEキャットアイ) OMNI5 2灯

ハンドル回り

バーテープ

Fizik(フィジーク) Performance Tacky Wiggle

ハンドルバーマウント

KCNC ブルベマウント
フロントライト取り付け用

サイクルコンピュータ

本体

Garmin(ガーミン) Edge 820j
キューシートを印刷しなくてもいいので便利。
バッテリーの持ちは悪いので途中からモバイルバッテリーから充電しながら走行しました。

スピード・ケイデンスセンサー

Bontrager(ボントレガー) DuoTrap S

心拍計

Garmin(ガーミン) vivosmart 4

バッグ・ボトル

サドルバッグ

ORTLIEB(オルトリーブ)サドルバッグ Lサイズ Amazon

トップチューブバッグ

Deuter(ドイター) エナジーバッグ AmazonWiggle
モバイルバッテリー Anker PowerCore 10000やエナジージェルを入れました。

ツールボトル

Vittoria(ビットリア) プレミアムジップツールケース AmazonWiggle
ダウンチューブ下に配置。パンク修理キット(チューブなど)。

ボトル

Camelbak(キャメルバック) Podium Ice AmazonWiggle
Camelbak(キャメルバック) Podium Chill AmazonWiggle

ウェア

天気予報から気温0~15℃を想定して選択しました。

反射ベスト

IKEA(イケア) BESKYDDA ベスキッダ
899円で買えてヨーロッパ基準も満たしているのでGood!

ソフトシェルジャケット

Isadore(イザドア) Merino Membrane Softshell Jacket

ベースレイヤー

Craft(クラフト) Active Extreme 2.0
おたふく手袋 ボディータフネス 腕まで防風パワーストレッチ JW-191の下に着て透湿性・速乾性をフォロー

 

おたふく手袋 ボディータフネス 腕まで防風パワーストレッチ JW-191
透湿性・速乾性がないので一度15℃ぐらいのときには汗だくになりましたが、0~10℃ぐらいでは汗だくにならずに防寒できてよかったです。

ビブショーツ

RedWhite(レッドホワイト) The Stealth (Fondo) Amazon
他のブランド(AssosやRaphaなどの高級ブランドは着たことがないです)では時間が経つと汗などでへたって来てるなぁと感じるもあるのですが、このビブショーツはブルベなどのロングライド用と謳っているだけあってへたりを感じることがないです。

グローブ

SealSkinz(シールスキンズ) All Weather Cycle Gloves

アイウェア

Oakley(オークレイ) Jawbreaker AmazonWiggle

ソックス

dhb(ディーエイチビー) Aeron Winter Weight メリノソックス

レッグカバー

GripGrab(グリップグラブ) AquaRepel レッグウォーマー

ネックチューブ

dhb(ディーエイチビー) メリノネックチューブ

ウィンドブレーカー

Endura(エンデュラ) Pakajak 防水ジャケット New!

脚の痙攣対策

小林製薬 コムレケア
やはり今回も大活躍!
足がつったときに飲むと収まります。

 

STIレバーのネームプレートのネジを紛失!

キャットアイのヘッドライトブラケット「フレックスタイトブラケット」のネジ紛失に続いて、

bigwoods.hatenablog.jp

 

右側のSTIレバーの根元についている銀色のカバー(下の画像)を走行中に脱落させてしまいました。

f:id:bigwoods77h:20190212230845j:plain

 

脱落したときは自分ではなにが落ちたのか分からず、音は聞こえたので石でも跳ねたかなと思っていたのですが、後ろを走っていた連れがを拾ってくれて、落としたのがこの銀色のカバーということが分かりました。

カバーにはネジで付いていただろう穴があったのでネジが緩んでなくなって落ちたんだろうなぁと思いました。

帰宅して、ネジだけ買おうかと、右のネジを外してサイズを測ったり、リペアパーツがないか調べたところ、この銀色のカバーの名前が「ネームプレート」であることと、「ネームプレート」とネジがセットで売っていることを知り、Amazonで買って取り付けました。

f:id:bigwoods77h:20190212232725j:plain

 

フレックスタイトブラケットもそうですが、1万kmも走ると振動でネジが緩んでくるんだなぁと、定期的にチェックする必要があることを痛感しました。

 

Emonda ALR 4の1万kmオーバーホール(1)

Trek Emonda ALR 4(2018)を購入してから約1年半が経ち、走行距離も1万kmを超えました。

 

ネットで調べると1年ごとや1万kmごとにオーバーホールしたほうが良いみたいなのでオーバーホールすることにしました。

 

本当はお店に頼んだほうが安心できると思いますが、次の要因で自分でやることにしました。

  • 工賃 約2万円
    3万円ぐらいするお店が多いみたいです。
    Emondaを買ったお店は会員制度があった会員は安くなってます。
  • Canyon
    Emondaの次のバイク候補のCanyonは、販売店を持たない直販なので基本的にメンテナンスを自分でやる必要があります。
  • 結構機械いじりが好き

 

 

1月から始めて、これまでに

  • チェーン交換
  • ブレーキのインナー・アウターケーブル交換
  • シフトのインナー・アウターケーブル交換

が終わっています。

 

いまのところ、シマノのディーラーマニュアル、メンテナンス本、ネットの情報を参考にやって問題なかったですが、ディレーラーの調整はうまくいっているのかどうかの判断が経験不足で難しいです。
調整のやり方自体は、ディーラーマニュアルにやり方が書いてあって一番詳しく役に立ちました。
(メンテナンス本は105以上を前提に書いてあることが多いみたいです)

 

Emonda ALR 4のコンポーネントはTiagraなのでアップグレードに限りがありますが、消耗品は結構アップグレードできます。
そこで、オーバーホールついでに消耗品を次のようにアップグレードさせました。

  • チェーン
    CN-HG54 → CN-HG95
  • ブレーキのインナー・アウターケーブル
    不明 → BC-9000 デュラエースのポリマーコート
  • シフトのインナー・アウターケーブル
    不明 → オプティスリック

アップグレードしたからなのか、交換したからなのか、調整がうまくいったからなのかわかりませんが、ブレーキは軽くなり、シフトチェンジがスムーズになりました。

ボトムブラケット交換と便利な道具

今日は、雪も降っていたので朝からBBの交換と、クランクやチェーンリングのクリーニングをしました。

 

Emonda ALR 4(2018)のBBは、プレスフィットBB86という規格で、交換手順はシマノのディーラーマニュアル通りで問題なかったです。
ですが、使用する工具は変えました。

 

工具は、規格名の通り圧入するタイプのBBになるので取り付け・取り外しともに専用のものになります。

 

ディーラーマニュアルには、「TL-BB13」という工具をプラスチックハンマーで叩いてBBを取り外せと書かれています。

 

ですが、フレームへのダメージ(特にカーボンフレームにしたとき)を考えるとやりたくなく、叩くしかないならお店に頼むしかないかなぁと思って調べてみたところ、「SUPER B ボトムブラケット リムーバー&インストレーション」という工具を見つけ使ってみました。

 

「SUPER B ボトムブラケット リムーバー&インストレーション」は、画像にもある穴の開いたプレートをBBの中に入れてボルトを締めることによって、内側から押し出してBBを取り外します。

 

BBの中でプレート立たせてボルトをそのプレートの穴に差してねじ込まないといけないので、不器用な私は結構手間取ってしまいましたが、差し込んでしまえばナットを回すだけでスルリと取り外すことができました。

 

Amazonで6,394円とちょっと高価ですが、これで取り付けもできるので、取り付け・取り外しの工具を2つそろえる必要がなく、フレームへのダメージの心配もないので、かなりおすすめです!

疑問

TiagraのBBが「BB-RS500-PB」なのでEmondaには「BB-RS500-PB」が付いていると思って、アルテグラシマノのホームページでは105)の「SM-BB72-41B」を取り付けることにしました。

ですが、Emondaに付いていたのは「SM-BB71-41」というSAINT M820というマウンテンバイク用コンポのものでした。

グレード的には「SM-BB71-41」と「BB-RS500-PB」はどちらが良いものなのでしょうか?
重量は「BB-RS500-PB」のほうが0.6g軽いみたいですが。

 

 

キャットアイのブラケットのネジを紛失!

キャットアイのヘッドライトのブラケット(型番H-34N フレックスタイトブラケットと言うみたいです)のライトを取り付ける台座のネジが紛失していることに気づきました。

 

ネジだけのために必要のないブラケットを買うのも嫌だったので、ネジだけ買おうと思い調べてみました。

ブルベ用にVOLT 800を二つ持っていたので、ネジを失くしていないほうのブラケットのネジを見てみました。

サイズや形状から「M4という規格の長さ10mmでバインド頭」と推測して、下のネジを買ってみたところ、みごとにフィットしました。

 

ちなみに、このネジはAmazonで約50本821円で買いましたが、ブラケット自体は515円でした・・・

使う当てのない残りのネジのことを考えると、ブラケットを買ったほうが良かった気がします。